拒絶チャレンジ技!スーパープレゼンテーション100日実行計画内容動画あり

      2017/11/16

 

拒絶される恐怖を克服するための100日計画行動! ジア・ジアンさんのエピソード紹介します。

「あなたは、他人にムチャなお願いをしたことありますか」

えっ?!

ですよね。

 

これ言われたら、9割からほぼ100%の可能性で断られるだろうね

そりゃ、鼻で笑われそうな内容のお願い

 

拒絶チャレンジ!!!

のプレゼン。

 

いつも、かしこまった内容のスーパープレゼンテーション(TED)にしては、ふざけた内容?!

って、「ながら見」をしてたら、どんどん引き込まれて気が付いたら、TVの前で正座して見てました。笑

 

>>先延ばし理由の頭の中はどうなっているのか?!の検証が面白い!TEDスーパープレゼンテーション

スポンサーリンク

拒絶に強くなる!的なものではない。拒絶から分かち合いへの転換

 

拒絶=自分を否定されること

これに強い人っているのかな。

鍛えれば、強くなる?というか、慣れる?

 

いや、自己否定されて慣れる人はほぼいない!

 

お願い初日の挫折

 

自分の勤務していたオフィスの階下のデスクに座っていた男性に、お願い。

「100ドル貸してください」

男性        「ダメ!なんで?」

 

まっとうな答え!

そりゃそうだわ!!!

 

ご本人      「ごめんなさい・・」で退散。

ご紹介遅れました、

ご本人とは、このプレゼンの超本人 ブロガー・起業家の中国人男性 ジアンさん。

 

最初から、そんなメンタル強い人なんて、そうそうおりませんよね。

 

ただ、このジアンさん、そんな自分を動画で撮影していたらしいのです。

そこに写っていた自分の姿➡怯えきっている!

相手の男性は、怒りも怒鳴りもしていないのに・・・

 

逆に「なんで?」と若干の歩み寄りの1フレーズまであったのに・・・

 

 

でも、これって、すごくよくある光景。

勝手に自分で「そうだよね、だよね~むりだよね~」って思ってお願いしている場面。

だよね病。

 

[わかった、いいよ!]

って二つ返事をどこかで期待しているのか?!

 

ただ、このジアンさんのステキなところが、

ちょっと拒否サイン出されただけで、

コミュニケーションも取らずに逃げている自分がいる

ことに気が付いたところ。

 

そこで、自分を進化させる行動!に出ていくわけです。

それが、ハンバーガーショップでのチャレンジ!です。

 

林要の経歴・プロフィールは?ロボットpepperくん誕生からソフトバンク別れまで~の記事はこちら

 

スポンサーリンク

 

ハンバーガーショップでの一歩前進

 

ハンバーガーショップにて

「ハンバーガーのおかわりをお願いします」のお願い

 

 

店員                  「は?おかわりですか?」

 

ジアンさん         「ここのハンバーガー美味しかったから、

                        コーヒーみたいにお替り自由だともっと流行ると思うよ」

と切り返し。

 

逃げずにちょっと進歩。

 

ドーナツショップでのお願いでのターニングポイント

 

エピソードは色々でていたが、印象的なものとしては、

「ドーナツを5つ並べてオリンピックのマークの形にしてくれますか」

と店員さんにお願い!

楽しいお願いですね。

でも、私が店員でこのように言われたら、たぶん

「残念ながら、五輪マークのドーナツはご用意がございません、

2020年には実現できるように本社に伝えておきます!!」

とか、なんとか言ってごまかすだろうな・・

ところがこの店員さんの行動がスゴイ。

イラストなどを描きながら、こんな感じですか?と、厨房スタッフのところへGO!

15分くらいかかったそうですが、

えっ、そうします?

という工夫で、見事お願いが実現されたそう。

 

※これは、ぜひスーパープレゼンテーション動画で確認を!

ジアンさんの100の拒絶チャレンジ日記にも興味。

 

決めつけが、いかに物事にブレーキをかけるかってことですね💖

 

拒絶されるには理由がある!その理由を理解したらNOがYESに変わるかも?!

 

人は、お願いされたら、いったんは耳を傾けようとはします。

まず、聴くのは聞きますよね。

 

でも、あきらかに無理な理由があるから断るわけです。

 

ジアンさんの教え

  • なぜ?を聞く

  • 相手の自分を疑う気持ちを「変ですよね」あえてこちらから伝えて、相手との共通の感覚を共感して信頼へとつなぐ

 

「花をあなたの家の庭に植えてもいいですか」のお願いバージョン。

家主     「ダメ。」

ジアンさん  「なぜ?」

家主     「家に犬を飼ってて、花や草を食べてしまうんです」

「お隣さんがお花の好きな方なので、頼んでみたら」

ジアンさん  「有難う!」

 

となったそうです。

なぜ?をきくことで、

相手の拒絶のホントの理由を探れる。

 

変ですよね!とあえて口にすることで、

ただの変な人ではないです!と伝えられる。

仕事や夫婦関係、友達関係などでも使えるコミュニケーションスキルですね。

 

拒否された時が新たな可能性を開くチャンス

 

とジアンさん。

 

拒絶100日チャレンジ動画はこちら

 

ただ、断りつづけられたときは、サッと引く勇気もある場面では、合わせて備えもって

このコトバと現実のエピソードを心に止めた今日の良いこと!でした。

次ページ>>林要の経歴・プロフィールは?ロボットpepperくん誕生からソフトバンク別れまで

関連記事>>先延ばし理由の頭の中はどうなっているのか?!の検証が面白い!TEDスーパープレゼンテーション

スポンサーリンク

 - 美マインド