髪悩み 諦めなくても大丈夫!白髪編 

      2017/10/05

夏の終わりは、夏バテ症状がいろいろ出てくるものです。

特に髪の悩みは、尽きません。

パサつき

広がり

まとまらない・・・

 

40歳を過ぎる頃から白髪も出てくる年齢になってきますね…

 

白髪は原因不明といわれる時代もありましたが、結果があるからには原因はある。

特に、トラブル(病気)のほとんどは、ストレスによるものが多い ように感じます。

最近はいろんなメーカーから白髪予防のアイテムも出てきてますね。

この間、美容院で白髪予防の頭皮美容液を勧められました(ケラスターゼ シルバーのボトル 1万円くらい(-_-;)

ケラスターゼ DS アドジュネス / 120mL 【 洗い流さないトリートメント ハリ・コシ・ボリューム スキャルプ 美容液 】

 

一気に顔周りから老けて見えてしまう白髪について、諦めないケアを今日は紹介します。

 

スポンサーリンク

 

白髪の原因は?!

 

人間は細胞で、できています。約60兆個もの細胞の集まり。

当然、髪も細胞からできています。

 

そして、細胞は血液から栄養が運ばれて良い細胞がつくられます。

髪の色を決めるメラノサイト(色素細胞)血液から作られている。

 

白髪はこのメラノサイトの働きが低下すると白くなる・・・

 

ってことは、血液がやはり重要!!

ただ、カラダの中で優先される修復所は、やはり内臓(命に直結するから)!

髪(頭皮)は割と後回しにないりやすいのも仕方ないか…

 

そのうえ、頭皮は自分でなかなか動かせない部位なので、血流も悪くなりやすいです。

頭皮よ!動け! ムリ~

 

血液が髪を育てる

 

昔からよくいう、「ストレスで白髪が増える」?!って理由にも納得ですね。

 

ストレスは、一番血液循環を悪くしてしまいますから。

ストレス=戦闘モードに入ってしまい

カラダもこわ張り、血行が悪くなります。

 

では、血液を

▼綺麗にする

▼循環させる

習慣を身に付ければ、白髪も艶黒髪に!することもできる気がします。

 

やはり、基本のこの3拍子が重要☆☆☆

 

 

食事➡血液をつくる元! 野菜7:肉魚3

 

そして、夜8時以降極力食べない!(郷ひろみは17時以降食べないらしい 笑)

細胞修復にエネルギーをつかう時間なので、代謝が低下 取り込む時間ではない

 

睡眠➡理想は22時  0時には眠れるようにがベスト

 

栄養の吸収と要らないものの排泄=カラダのリニューアルの時間

 

頭皮やメラノサイトもこの時間にリニューアルされる

 

 

運動➡カラダを動かす 歩く 習慣

掃除や犬の散歩、月に10数回のヨガ!

朝起きて5分の歯磨きタイムのミニ運動

洗面所において、隙間時間に愛用。

これ、なつかしくないですか?! 笑

地道にちょこちょこ運動習慣がんばってます!(^^)!

 

スポンサーリンク

頭皮マッサージで黒髪スイッチ細胞に栄養を!

 

手っ取り早く血行を良くするのはやはりマッサージです。

 

勝手に動いてくれない頭皮を運動させましょう。

 

頭の血流は、が出入り口になっています。

 

首➡頭のてっぺん➡首へ戻る

 

ただ、頭のハチの膨らみ(耳の上あたりの出っ張り)によって頭の上の方は血液がいきにくい

白髪も首から一番遠い顔周りから増える場合が多いですよね。

1、頭のてっぺんに向かって生え際からマッサージ

2、首のリンパを下に流す

私は、この美顔器のヘッド用を愛用しています。

 

これ、初代バージョン

今は、もっと洗練されたオシャレなデザインになってました。

これ20年くらい前に購入して、まだ使ってます。

清水の舞台から飛び降りる勇気で購入。

途中1回メンテナンス出しましたが、長く使えてます。

一時、使わず眠っていた時期もあったけど、エステにいくことを考えれば自宅でできる優れものなので復活!

 

これが頭皮マッサージ用

テスラーという微弱電流が流れてガラス管を櫛のように頭皮から髪にとかすように

スチームを浴びながら使います。(一番左の部分からスチームが噴射されます)

 

時間は、3分くらいでOK!

顔バージョンテスラー管もあってピリピリする感覚が気持ちよく、血行促進されてキメが整ってくる感じ。

 

やはり、美容業界にいた身としては、化粧品だけの力では限界があります。

 

美顔器やサプリなど中からのケアの力も借りて、お手入れした方が結果も出やすいかと💖

 

頭皮は、顔の皮膚を引っ張る部分でもあるので、

白髪予防改善効果とともに頭皮マッサージはアラフィフには必須ケアですね!!

 

スポンサーリンク

 - ヘアケア