小松恵の殺害原因は浮気~インスタ画像と家族構成あり!

      2017/10/07

10月6日早朝、またいたたましい事件が・・

茨城県日立火災事件。

男が、「家族を刺し、自宅に火をつけた」と出頭してきた。

スポンサーリンク

犯人の名前は?人物像・画像あり

 

犯人の名前:小松 博文 32歳

 

7年前に茨城県日立市田尻町の今回の事件現場に引っ越してきた。

この時は、まだ4人家族。

 

妻の恵さんとは、10年前にネットで知り合い交際。

恵さんは、バツイチで子供が一人。

恵さんには、11歳の夢紀(むうあ)ちゃん一人娘が。

 

結婚し、子供も増え、現在は7人家族だった。

 

家族構成は?

 

妻:恵さん 33歳

 

 

子供:3歳の双子  頼瑠(らいる)くん・澪瑠(れいる)くん

5歳の男児  龍煌(りゅあ)くん

7歳の男児  幸虎(たから)くん

11歳女児   夢紀(むうあ)ちゃん

 

全員を殺害したとのこと。

11歳女児は、刃物で刺して殺害したことを認めているようです。

(むうあちゃんだけ、自身の子供ではなかった、だから殺害の仕方も一人だけちがった・・・)

6人は、和室で全員発見されたとのこと。

 

夫である容疑者について

 

3年前までは、職についていなかったようです。

職についても、よく仕事を変えていたとも。

3か月前の6月から勤めている会社に先週から出勤せず、

メモで

「家族に不幸がありしばらく休む」と残していたと会社の方のインタビューも。

 

趣味は、車とパチンコ。

1年に1回ほどのペースで、数百万単位の車を乗り換えていたようです。

駐車場料金の滞納などもあり、コンクリブロックを外して止めていたりと、

お金には困っていた様子がうかがえます。

 

近所からは、仕事が不安定な中、車や生活費をどう工面しているのかと疑問の噂もあったようですね・・・。

その上、パチンコまで・・・。

 

近所の住民からは、子供さんと遊ぶ姿もよく見られていたので、

子煩悩であったようですが、家族の稼ぎ頭にはなっていなかったのは事実のようです。

子供の将来よりも、自分の欲優先の姿が垣間見えます。

親になる心構えがない幼稚な人間が親になった悲劇。

 

動機は? 妻の浮気?!

 

隣人の話によると、夫婦喧嘩はよく目撃されていたようです。

お金の管理ができない・・それは夫婦喧嘩の発端にもなりますね。

子供さんも5人もいると、お金は相当かかりますし。

 

妻の浮気が原因で離婚の話も出ていた・・との報道も。(6日夜時点)

7日になって、その事実は明らかだったようで、

こんな夫に愛想をつかし、別の男性と同棲をスタートしようとしており、離婚の話が出ていた。

 

 

夫婦のいざこざで、子供が犠牲になる本当に最悪な事件。

スポンサーリンク

 

小松容疑者の妻 恵さん  インスタ画像

 

妻 恵さんのフェイスブックとともに、子育てを楽しそうにインスタにも投稿もされていたようです。

9月14日投稿へのフォロー

 

同じ母親としての、フォロー投稿が増えているようです。

 

中には、双子の子供たちの同クラスのお母さんからの投稿も。

  • らいる君れいる君と同じくらすのものです、最近名前でてきてて仲良くなったのかなって思って嬉しかったです。人懐っこい双子ちゃん、きっかと仲良くしてくれてありがとうね。らいる君れいる君ママも辛かったですよね、子供達とゆっくり休んでください…😔

 

他、こんな投稿も。

  • 亡くなった人のことは何とでも言えますもんね。妻を我が子を殺すような人の言い分をまともに受けて、殺された側にも非があるなんて言うのは許せない!ご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

9月11日の投稿スパリゾートハワイアンズ🌺5姉弟

へのフォロー

 

こまめにインスタ、アップしている様子から、子育て励んでいた様子うかがえます。

兄弟も仲良さそうですね。

お姉ちゃんが、弟をかわいがっているオーラが写真からも伝わってきます。

 

ただ、一切旦那が載っていない・・・

相当、仲が悪かったか、旦那が孤立していたのか・・

 

自分は悪くないのに、離婚を切り出され、車までもっていくと妻の浮気相手に言われ、

腹が立った

小松容疑者の言い分?知人証言。

 

夫としての、自覚症状が全くないのだ。

夫婦のことは、二人にしかわかりません。

 

小松容疑者と知り合ったことが、不運の始まり・・

旦那と別れたいから、浮気に逃げたのなら、もうちょっと待てばよかったのに。。。

 

夫婦のトラブルが、また子供にまで至ってしまう

子供にとって親は選べない。

 

自分の親に自分の存在を消されてしまう子供の気持ちは、計り知れない悲しみの絶頂だろう。

スポンサーリンク

 - ニュース